Dr.平石頼みの業界人“患者” 「ASKA事件」でとばっちり

公開日:  更新日:

多忙で不規則な業界人の救世主

「覚醒剤を自宅で複数回吸った。栩内(香澄美)容疑者の部屋では吸っていない」

 覚醒剤を日常的に使用していたことを白状し始めたASKA(56)。逮捕当初は「やったのは覚醒剤ではなくアンナカ(安息香酸ナトリウムカフェイン)だと思っていた」と言い訳し、尿検査で陽性反応が出ても「覚醒剤を使ったことは一度もない」としらばっくれていたが、ようやく観念したようだ。

 今や関心は当事者を飛び越え、ASKAと栩内が出会ったパソナの迎賓館「仁風林」人脈に波及。多くの政治家や芸能人に疑惑の目が投げかけられているが、“仁風林人脈”のウラでじわじわと影響が出ているのが、“平石人脈”だという。

 平石とは、ASKAにアンナカを処方していた平石貴久医師。ASKAの逮捕後、22日に「ノンストップ!」(フジテレビ系)にVTR出演すると、「アンナカを処方したのは私。もう4、5年前になる」と話した人物である。2人は20年来の付き合いだそうで、最後に会ったのは昨年9月。「主治医としては(覚醒剤使用に)気付きませんでした。彼の黒い部分はお話しになってくれなかった。気付かなかったのも申し訳ない」と話していたが、この平石医師を頼りにしていたのはASKAだけでなく、清原和博(46)、松坂大輔(33)、中田英寿(37)といったアスリートをはじめ、小室哲哉(55)、コロッケ(54)など芸能人も平石医師の“患者”。27日には尾上菊之助(36)の結婚披露宴にも出席するなど顔はムチャクチャ広い。この平石センセイ、ギョーカイの“患者”にとってはかなりありがたい存在だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る