日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

Dr.平石頼みの業界人“患者” 「ASKA事件」でとばっちり

多忙で不規則な業界人の救世主

「覚醒剤を自宅で複数回吸った。栩内(香澄美)容疑者の部屋では吸っていない」

 覚醒剤を日常的に使用していたことを白状し始めたASKA(56)。逮捕当初は「やったのは覚醒剤ではなくアンナカ(安息香酸ナトリウムカフェイン)だと思っていた」と言い訳し、尿検査で陽性反応が出ても「覚醒剤を使ったことは一度もない」としらばっくれていたが、ようやく観念したようだ。

 今や関心は当事者を飛び越え、ASKAと栩内が出会ったパソナの迎賓館「仁風林」人脈に波及。多くの政治家や芸能人に疑惑の目が投げかけられているが、“仁風林人脈”のウラでじわじわと影響が出ているのが、“平石人脈”だという。

 平石とは、ASKAにアンナカを処方していた平石貴久医師。ASKAの逮捕後、22日に「ノンストップ!」(フジテレビ系)にVTR出演すると、「アンナカを処方したのは私。もう4、5年前になる」と話した人物である。2人は20年来の付き合いだそうで、最後に会ったのは昨年9月。「主治医としては(覚醒剤使用に)気付きませんでした。彼の黒い部分はお話しになってくれなかった。気付かなかったのも申し訳ない」と話していたが、この平石医師を頼りにしていたのはASKAだけでなく、清原和博(46)、松坂大輔(33)、中田英寿(37)といったアスリートをはじめ、小室哲哉(55)、コロッケ(54)など芸能人も平石医師の“患者”。27日には尾上菊之助(36)の結婚披露宴にも出席するなど顔はムチャクチャ広い。この平石センセイ、ギョーカイの“患者”にとってはかなりありがたい存在だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事