日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「嵐」相葉 ジャニーズただ1人「イメージ調査」に残った理由

 各種リサーチには必ず「あれれ?」があるものだが、最新のビデオリサーチ「テレビタレントイメージ調査」でも――。

 14年2月度の男性の1位は阿部寛、2位明石家さんま、3位福山雅治で女性は1位浅田真央、2位綾瀬はるか、3位ドリカム。これは前回の13年8月度と大きな変動はないが、「おやっ」となるのはジャニーズの少なさ。20位以内は19位の「嵐」の相葉雅紀のみ。13年8月度では10位の「嵐」桜井翔と17位の相葉の2人だが、今回は相葉1人になっているのだ。

■4月からNHKキャスター

 ジャニーズの不人気も気になるところだが、ランクインしているのが相葉というのは不思議。なぜ、相葉がモテモテなのか。

「相葉は『嵐』の中でもひとりだけ独り立ちしていない、守ってあげないといけないキャラで、母性本能をくすぐるタイプです。ジャニーズの中では天然で、イジられるのもOKだから親しみやすい。しかも、実家が千葉で中華店を営んでいて地元でコンサートがあると父親がギョーザを差し入れたり、ジャニーズの中でも庶民派の印象が強く、イメージがいいんです」(放送関係者)

 相葉は来月からNHK「相葉雅紀のNFJ」(仮題)のキャスターも務める。息の長いタレントになるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事