日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“格差愛”縮まる?大河でも「夫」に抜擢された東出昌大の勢い

 東出昌大(26)の勢いが止まらない。11日、15年NHK大河ドラマ「花燃ゆ」で井上真央(27)が演じる主人公・文(吉田松陰の妹)の最初の夫、久坂玄瑞役に決まったことが発表された。
 朝ドラ「ごちそうさん」に続くヒロインの夫役。最近は視聴率が低迷続きとはいえ、“腐ってもタイ”の大河ドラマである。しかも、久坂は幕末期の志士としては珍しく6尺(約181センチ)超の長身だったともいわれる。身長189センチの東出が演じるとなれば、史実にも即したキャスティングといえそうだ。

“朝ドラ男子”は売れるというジンクスに乗っかり、「ごちそうさん」でヒロインを演じた杏(28)に引けをとらぬ多忙ぶりだ。これから公開を控えている映画は、少なくとも2本。ほぼ全編高知でロケが行われた「0.5ミリ」(今秋公開)にしろ、富山と長崎でオールロケを敢行するという「アオハライド」(12月公開)にしろ、いずれも東京から遠く離れた場所が撮影地。自宅のある都心を離れることが多い環境だが、恋人・杏との関係は「変わらず順調」(芸能関係者)だという。女性誌で行きつけのうどん屋やバーでのツーショット、お泊まりデートが報じられているように、忙しい時ほど関係は盛り上がるもの。

 現状では実力も知名度も人気も杏には及ばない東出だが、大河俳優のハクがつけば、もう、格差愛なんて言わせない!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事