W杯中継で注目 NHK一柳亜矢子アナが見せる“多芸多才”

公開日: 更新日:

 激戦の合間や試合後、癒やされているサッカーファンが少なくないのではないか。サッカーW杯ブラジル大会を伝えるNHKで、スタジオアナを務める一柳亜矢子。熱く語る司会や解説者を尻目に、落ち着いた姿が奥ゆかしいのである。

 埼玉県出身の学習院女子大国際文化交流学部卒。2003年にNHKに入局した。秋田、仙台放送局を経て、08年から東京アナウンス室に所属。スポーツ中継には仙台局時代から関わり、フィギュアスケートNHK杯での選手インタビューなどにあたった。08年春から「ニュースウオッチ9」のスポーツコーナーを3年間担当、北京五輪の中継にも携わり、お茶の間のスポーツファンに広く知られる存在だ。

「学生時代にバレーボールをしていたほか、社会人の今も趣味はゴルフでストレス解消がマラソン、3年前に結婚した夫はプロのスポーツトレーナーと、私生活でもスポーツ漬けの日々を送っているようです。その一方で、アナウンサーになれなかったら? の質問に『幼稚園の先生』と答えていたり、書道5段の腕前だったりする。多芸多才といいますか、大人から子どもまで、誰かれなく打ち解けられる守備範囲の広さが魅力なのかもしれませんね」(スポーツ紙デスク)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る