• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NHK杉沢僚アナがドイツ戦で選手を8回も間違えていた

 連日のW杯の生中継を見ていて、実況がつまらないと思っている人も多いのではないか。それだけならいいが、ちょっとひどかったのは17日深夜1時開始のドイツ対ポルトガルだ。解説は元日本代表GKの小島伸幸、実況はNHKの杉沢僚アナで、杉沢アナがドイツ代表選手を8回間違えたのだ。

 最初は開始直後。FWゲッツェが日本代表の香川真司を「ボクのアイドルは香川」と言っているのは知られているが、杉沢アナはそれをMFケディラと言ってしまった。それを聞いた小島がケディラの話を始めたため、逆に変だと思った杉沢アナが「ゲッツェです」と訂正。

 前半32分。ドイツのCKからゴールの際、「4番ヘベデス(DF)が動き直し」「ボールが入ってくる、ヘベデス」とまるでヘベデスのゴールのような言い方。杉沢アナはそう思い込んでいたフシありあり。で、後から気づいて「最後は(DF)フメルスか」と訂正したものの、とても怪しい実況だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事