フジ社長の肝いりも…木村拓哉の新「HERO」に広がる不安

公開日: 更新日:

 局内では「キムタクと心中か?」なんて弱音も漏れているという。
 フジテレビ「月9」の伝説のドラマ、キムタク主演「HERO」の新シリーズが14日からスタートする。
 2001年放送時には全話が視聴率30%超え、07年の映画版も興行収入80億円超えと大ヒットしたが、当時20代だったキムタクも、もうアラフォー。

「キムタクの潜在視聴率は、今や元フジテレビの女子アナ、高橋真麻を下回る9%台。ゆるキャラのふなっしーにも及ばないんです。それでも初回は話題性で20%超えを期待したいところですが、そもそも月9枠自体にかつての勢いがない。10%台後半で“御の字”です」(同局関係者)

■亀山千広社長の口説き

 かつての“視聴率男”も形無しだ。

「キムタク自身、続編は渋っていたそうですが、フジの亀山(千広)社長に直接口説かれて実現したそうです。大コケしようものなら、キムタクはもちろん、社長の責任問題にもなる。それに、今月26~27日放送のフジの『27時間テレビ』の総合司会は、SMAPです。HEROがコケたら、当然、27時間テレビも期待薄。キムタクと心中なんてことになりかねませんよ」(放送作家)

 ただでさえフジは、在京キー局5社のうち1社だけ、14年3月期の決算が大幅減益だった。5月に開かれたフジの株主総会では、“お台場の天皇”こと日枝久会長に対し、「辞めろ」の怒号が飛び交ったという。

 キムタクはフジのHEROになれるか、それとも…。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  4. 4

    広瀬すず「嫌いな女優」2位 松田聖子バッシングとの酷似点

  5. 5

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

  9. 8

    金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

  10. 9

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  11. 10

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

もっと見る