フジ社長の肝いりも…木村拓哉の新「HERO」に広がる不安

公開日:  更新日:

 局内では「キムタクと心中か?」なんて弱音も漏れているという。
 フジテレビ「月9」の伝説のドラマ、キムタク主演「HERO」の新シリーズが14日からスタートする。
 2001年放送時には全話が視聴率30%超え、07年の映画版も興行収入80億円超えと大ヒットしたが、当時20代だったキムタクも、もうアラフォー。

「キムタクの潜在視聴率は、今や元フジテレビの女子アナ、高橋真麻を下回る9%台。ゆるキャラのふなっしーにも及ばないんです。それでも初回は話題性で20%超えを期待したいところですが、そもそも月9枠自体にかつての勢いがない。10%台後半で“御の字”です」(同局関係者)

■亀山千広社長の口説き

 かつての“視聴率男”も形無しだ。

「キムタク自身、続編は渋っていたそうですが、フジの亀山(千広)社長に直接口説かれて実現したそうです。大コケしようものなら、キムタクはもちろん、社長の責任問題にもなる。それに、今月26~27日放送のフジの『27時間テレビ』の総合司会は、SMAPです。HEROがコケたら、当然、27時間テレビも期待薄。キムタクと心中なんてことになりかねませんよ」(放送作家)

 ただでさえフジは、在京キー局5社のうち1社だけ、14年3月期の決算が大幅減益だった。5月に開かれたフジの株主総会では、“お台場の天皇”こと日枝久会長に対し、「辞めろ」の怒号が飛び交ったという。

 キムタクはフジのHEROになれるか、それとも…。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る