フジ社長の肝いりも…木村拓哉の新「HERO」に広がる不安

公開日: 更新日:

 局内では「キムタクと心中か?」なんて弱音も漏れているという。
 フジテレビ「月9」の伝説のドラマ、キムタク主演「HERO」の新シリーズが14日からスタートする。
 2001年放送時には全話が視聴率30%超え、07年の映画版も興行収入80億円超えと大ヒットしたが、当時20代だったキムタクも、もうアラフォー。

「キムタクの潜在視聴率は、今や元フジテレビの女子アナ、高橋真麻を下回る9%台。ゆるキャラのふなっしーにも及ばないんです。それでも初回は話題性で20%超えを期待したいところですが、そもそも月9枠自体にかつての勢いがない。10%台後半で“御の字”です」(同局関係者)

■亀山千広社長の口説き

 かつての“視聴率男”も形無しだ。

「キムタク自身、続編は渋っていたそうですが、フジの亀山(千広)社長に直接口説かれて実現したそうです。大コケしようものなら、キムタクはもちろん、社長の責任問題にもなる。それに、今月26~27日放送のフジの『27時間テレビ』の総合司会は、SMAPです。HEROがコケたら、当然、27時間テレビも期待薄。キムタクと心中なんてことになりかねませんよ」(放送作家)

 ただでさえフジは、在京キー局5社のうち1社だけ、14年3月期の決算が大幅減益だった。5月に開かれたフジの株主総会では、“お台場の天皇”こと日枝久会長に対し、「辞めろ」の怒号が飛び交ったという。

 キムタクはフジのHEROになれるか、それとも…。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る