失速する「嵐」人気 ファンの醜悪マナーに映画ロケ地もソッポ

公開日: 更新日:

 デビュー15周年を迎えた「嵐」。メンバーきってのインテリとしてニュースキャスターもこなす桜井翔(32)をはじめ、最近ではピンでの活動が目立つが、現在、5人のメンバーが揃って主演する映画の撮影中だ。02年に第1弾、04年に第2弾が公開された映画「ピカンチ」シリーズのスピンオフで、ファンの間では語り草ともなっている伝説的な作品なのだが――。

「とにかくロケ現場にはやじ馬がウジャウジャ。おかげで撮影がたびたび中断に追い込まれ、さすがにメンバーも苦笑いでは済まないといった状況です。実はいま、『聖地巡礼』と称して撮影後も嵐のファンがロケ地に殺到することが問題視されている。最近では“嵐の撮影には協力しない”という自治体やお店が増えているそうです」(事情通)

■若手に乗り換え

 通称「アラシック」と呼ばれる嵐ファンのマナーの悪さは、ジャニーズオタクの間でもかなり問題視されているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  3. 3

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る