病院で24時間監視 ASKAが過ごす薬物治療生活とは?

公開日: 更新日:

 3日に東京湾岸署から保釈されたASKA被告(56)は、その夜に千葉市内の国立病院に入院。最寄り駅から徒歩で20分ほど、小高い丘の中腹に位置し、人けがなく、時折車が行き交う“陸の孤島”といった印象だ。

 ASKAは、初公判が開かれる来月28日まで、そこで治療に専念するとみられている。もちろん“厳戒態勢”で、病院職員に話を聞いても「ASKAさんがいる、いないにかかわらず、一切話せない」とにべもない。

「妻の洋子さん(59)が保釈の日からずっと付き添っているそうです。きちんと治療を受けているし、家族の支えもある。再犯の恐れはないと、裁判で情状を訴える狙いもあるのでしょう。覚醒剤の初犯は懲役1年6月、執行猶予3年が一般的ですが、有名人のASKAは、それより重くなる可能性がありますからね」(法曹関係者)

 少しでも軽くということなんだろうが、ASKAは今後、裁判までの50日間あまり、どうやって過ごすのか。ストレスケア日比谷クリニック院長で精神科医の酒井和夫氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  8. 8

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  9. 9

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  10. 10

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

もっと見る