病院で24時間監視 ASKAが過ごす薬物治療生活とは?

公開日:  更新日:

 3日に東京湾岸署から保釈されたASKA被告(56)は、その夜に千葉市内の国立病院に入院。最寄り駅から徒歩で20分ほど、小高い丘の中腹に位置し、人けがなく、時折車が行き交う“陸の孤島”といった印象だ。

 ASKAは、初公判が開かれる来月28日まで、そこで治療に専念するとみられている。もちろん“厳戒態勢”で、病院職員に話を聞いても「ASKAさんがいる、いないにかかわらず、一切話せない」とにべもない。

「妻の洋子さん(59)が保釈の日からずっと付き添っているそうです。きちんと治療を受けているし、家族の支えもある。再犯の恐れはないと、裁判で情状を訴える狙いもあるのでしょう。覚醒剤の初犯は懲役1年6月、執行猶予3年が一般的ですが、有名人のASKAは、それより重くなる可能性がありますからね」(法曹関係者)

 少しでも軽くということなんだろうが、ASKAは今後、裁判までの50日間あまり、どうやって過ごすのか。ストレスケア日比谷クリニック院長で精神科医の酒井和夫氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る