ASKAはお金がない!? 「保釈金700万円」格安のなぜ

公開日: 更新日:

「安過ぎないか」という声もある。

 東京湾岸署に約1カ月半勾留されていたASKA被告(56)がきのう(3日)、700万円で保釈された。
 同署前には200人もの報道陣が詰めかけ、10人前後のファンの女性の姿も。「元気にしているのか心配」「もう一度歌を聞かせてほしい」などとエールを送っていた。
 中には長年ASKAを追い続け、今月1日から3日連続で同署前で保釈を待った“ツワモノ”もいた。

 そんなファンたちの思いとは裏腹に、ASKAは無言で一礼して迎えのワゴン車に乗り込み、逃げるようにその場を去った。ASKAは釈放後、「裁判まで医師の指導を受けます」と謝罪コメント。都内の病院に入院するとみられている。

 初公判は来月28日だが、それにしても700万円という保釈金には疑問符が付く。あの酒井法子は500万円だったし、罪状は違えど、小室哲哉は3000万円、ホリエモンに至っては3億円だ。“一流のアーティスト”にしては額が小さ過ぎないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る