ASKAの次は…? 尿反応ナシ「新型麻薬」が芸能界に蔓延

公開日:  更新日:

芸能界クスリ汚染

「歌手のTもヤバイだろう」
「いや、女優のKが先じゃないか」

 芸能界では「ASKAの次は誰か」の話題でもちきりだという。それだけ、クスリ汚染が広がっている証拠でもある。

 警視庁の捜査関係者が言う。
「暴対法で公共事業や金融業から締め出されている暴力団にとっては、手っ取り早くカネになるクスリがシノギの中核になっている。煙を吸引する“あぶり”はカネがかかりますが、注射痕が残るのを嫌がる芸能人はカネ払いがよく、格好のターゲットになっているのです。関東の暴力団と東京の芸能界の間には、供給ルートも確立されています」

 大物芸能人になると、街中で売人から買うケースは少ない。リスクが高すぎるからだ。
「そこで、組の関係者をマネジャーや運転手として芸能界に送り込み、常習者に売りさばいている。ジャンキーは独特の体臭がするし、キメている時は見ればすぐに分かるので、同じ業界にいれば話が早い。売れないタレントを売人に仕立て上げる手口もあります。例えば、“やせる薬”と偽ってモデルをシャブ漬けにし、その女とのシャブSEXをエサに、大物芸能人を麻薬常習者に引き込む。ASKA容疑者もそうでしたが、シャブ中毒にSEXは付きものなのです」(前出の捜査関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る