ASKAの次は…? 尿反応ナシ「新型麻薬」が芸能界に蔓延

公開日:  更新日:

芸能界クスリ汚染

「歌手のTもヤバイだろう」
「いや、女優のKが先じゃないか」

 芸能界では「ASKAの次は誰か」の話題でもちきりだという。それだけ、クスリ汚染が広がっている証拠でもある。

 警視庁の捜査関係者が言う。
「暴対法で公共事業や金融業から締め出されている暴力団にとっては、手っ取り早くカネになるクスリがシノギの中核になっている。煙を吸引する“あぶり”はカネがかかりますが、注射痕が残るのを嫌がる芸能人はカネ払いがよく、格好のターゲットになっているのです。関東の暴力団と東京の芸能界の間には、供給ルートも確立されています」

 大物芸能人になると、街中で売人から買うケースは少ない。リスクが高すぎるからだ。
「そこで、組の関係者をマネジャーや運転手として芸能界に送り込み、常習者に売りさばいている。ジャンキーは独特の体臭がするし、キメている時は見ればすぐに分かるので、同じ業界にいれば話が早い。売れないタレントを売人に仕立て上げる手口もあります。例えば、“やせる薬”と偽ってモデルをシャブ漬けにし、その女とのシャブSEXをエサに、大物芸能人を麻薬常習者に引き込む。ASKA容疑者もそうでしたが、シャブ中毒にSEXは付きものなのです」(前出の捜査関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る