テレ朝・青山愛アナに浮上 広島の若手投手と熱愛のウワサ

公開日: 更新日:

 もともと、青山は女子アナで落ち着くにはもったいないほどの才女。父親の仕事の関係で、生後7カ月でアメリカへ渡り、7歳までニューヨークで暮らしていた。

 一度は日本へ帰国するも中学・高校の5年間をテキサスで過ごし、高校2年で国際基督教大学付属高校に編入。京大経済学部に入学後もアメリカのペンシルベニア大学へ留学したり、モンゴルでのボランティア活動など、ワールドワイドな経験が豊富だ。そんなインテリな彼女のファンに悲しいお知らせが……。

「最近、広島カープの某投手と付き合っているというウワサです。スポーツ担当になってから、取材で球場に足を運ぶ機会が増え、交際に発展したそう。青山アナより年下の注目株で、まだ交際数カ月のホヤホヤだとか。海外生活の長かった青山アナですが、出身は広島。地元トークで盛り上がっての交際発展かもしれません。まあ、青山アナは生後7カ月で渡米したので、広島での記憶があるか分かりませんが(笑い)。現場にいる選手や監督の『青山評』は上々で、スポーツ担当に就任早々、巨人の原監督にバッティングケージ裏へ招かれ、1対1で話すという“快挙”も成し遂げた。気が早いですが、この投手がメジャーに行くとしても青山アナは英語がペラペラなので安心です」(球界関係者)

 青山ファンはもちろんだが、急増する「カープ女子」も涙目 !?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る