実写版「セーラームーン」効果? 北川景子ファン急増中

公開日:  更新日:

 90年代に一世を風靡した「美少女戦士セーラームーン」が、7月にニコニコ動画で復活を果たし、当時のファンはもちろんのこと、リアルタイムに見ていなかった世代の人まで注目している。

 そんな中でも特に注目されているのが、2003年に放送された実写版。実はこれ北川景子(27)のデビュー作である。北川はこれまでデビュー作についてあまり語ることがなく、コアな北川ファンくらいしか知られていなかったことだが、この復活の少し前くらいから北川が自ら過去について話すようになったのだ。

「デビュー作が低視聴率の特撮ということでこれまで“黒歴史”にしていたと思うんですけど、番組の復活が決まったことで、うまく乗っかった感じじゃないですかね」(ドラマスタッフ)

 実際に当時の映像を見た人も多くいて、確実に北川ファンが増えている。本人はマイナスだと思っていたかもしれないが、実写版を知って北川に興味を持った人も多いので、今後は「セーラームーン」制作秘話もどんどん発信して欲しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る