実写版「セーラームーン」効果? 北川景子ファン急増中

公開日:  更新日:

 90年代に一世を風靡した「美少女戦士セーラームーン」が、7月にニコニコ動画で復活を果たし、当時のファンはもちろんのこと、リアルタイムに見ていなかった世代の人まで注目している。

 そんな中でも特に注目されているのが、2003年に放送された実写版。実はこれ北川景子(27)のデビュー作である。北川はこれまでデビュー作についてあまり語ることがなく、コアな北川ファンくらいしか知られていなかったことだが、この復活の少し前くらいから北川が自ら過去について話すようになったのだ。

「デビュー作が低視聴率の特撮ということでこれまで“黒歴史”にしていたと思うんですけど、番組の復活が決まったことで、うまく乗っかった感じじゃないですかね」(ドラマスタッフ)

 実際に当時の映像を見た人も多くいて、確実に北川ファンが増えている。本人はマイナスだと思っていたかもしれないが、実写版を知って北川に興味を持った人も多いので、今後は「セーラームーン」制作秘話もどんどん発信して欲しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る