キムタク嫌いも見た? 「HERO」視聴率26・5%の要因

公開日:  更新日:

 人気に陰りの元視聴率男とフジテレビが、威信を懸けた「伝説のドラマ」の新シリーズで“朝ドラ超え”を達成した。

 木村拓哉(41)が13年ぶりに久利生検事を演じる月9ドラマ「HERO」。初回視聴率は26・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、「花子とアン」の25・9%(7月5日)を上回り、今年のドラマでトップとなった。

 キムタク主演のドラマは数字が取れなくなっている。昨年冬に放送された「安堂ロイド」(TBS系)も全話平均で12%程度。いくら前シリーズで全話30%超えを記録した人気ドラマの続編でも、20%は届かないだろうとの見方も多かった。

 それが及第点のスタートである。ドラマライターの堀江南氏は、こう分析した。

「HEROは、キムタクのドラマであって、キムタクのドラマではありません。個性豊かな登場人物によってストーリーが進行する群像劇です。織田裕二の『踊る大捜査線』と同じで、キムタク嫌いの視聴者も抵抗なく見られるし、あの世界観が好きだという“HEROファン”は多い。東京地検城西支部の雰囲気、登場人物の会話や振る舞い、俯瞰を多用するカメラワークなど、すべてを楽しんでいるのです。制作側も承知していて、キャストを入れ替えてもキャラクターは変えなかった。横柄な男性検事や毒舌の女性検事、生意気な女性事務官など、脇役の設定は13年前と同じです。何も変化を加えなかったことが、高い数字につながったのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る