キムタク嫌いも見た? 「HERO」視聴率26・5%の要因

公開日: 更新日:

 人気に陰りの元視聴率男とフジテレビが、威信を懸けた「伝説のドラマ」の新シリーズで“朝ドラ超え”を達成した。

 木村拓哉(41)が13年ぶりに久利生検事を演じる月9ドラマ「HERO」。初回視聴率は26・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、「花子とアン」の25・9%(7月5日)を上回り、今年のドラマでトップとなった。

 キムタク主演のドラマは数字が取れなくなっている。昨年冬に放送された「安堂ロイド」(TBS系)も全話平均で12%程度。いくら前シリーズで全話30%超えを記録した人気ドラマの続編でも、20%は届かないだろうとの見方も多かった。

 それが及第点のスタートである。ドラマライターの堀江南氏は、こう分析した。

「HEROは、キムタクのドラマであって、キムタクのドラマではありません。個性豊かな登場人物によってストーリーが進行する群像劇です。織田裕二の『踊る大捜査線』と同じで、キムタク嫌いの視聴者も抵抗なく見られるし、あの世界観が好きだという“HEROファン”は多い。東京地検城西支部の雰囲気、登場人物の会話や振る舞い、俯瞰を多用するカメラワークなど、すべてを楽しんでいるのです。制作側も承知していて、キャストを入れ替えてもキャラクターは変えなかった。横柄な男性検事や毒舌の女性検事、生意気な女性事務官など、脇役の設定は13年前と同じです。何も変化を加えなかったことが、高い数字につながったのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

  2. 2
    大谷翔平リーグ首位15敬遠の深層…「日本人ホームラン王」を望まないアメリカ人と中南米選手の本音

    大谷翔平リーグ首位15敬遠の深層…「日本人ホームラン王」を望まないアメリカ人と中南米選手の本音

  3. 3
    “ロン毛”で目撃された小室圭さんは超VIP帰国 結婚延期から3年半…眞子さまとの記者会見で何を語る

    “ロン毛”で目撃された小室圭さんは超VIP帰国 結婚延期から3年半…眞子さまとの記者会見で何を語る

  4. 4
    飯野矢住代誕生秘話<15>金子ノブアキ、KenKenの異母兄は生きていたら52歳に

    飯野矢住代誕生秘話<15>金子ノブアキ、KenKenの異母兄は生きていたら52歳に

  5. 5
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

もっと見る

  1. 6
    河野太郎氏が総裁選“急ブレーキ”の墓穴と誤算…ネットでバッシング激化し、討論会では集中砲火

    河野太郎氏が総裁選“急ブレーキ”の墓穴と誤算…ネットでバッシング激化し、討論会では集中砲火

  2. 7
    眞子さまが小室圭さんとの結婚を諦めなかった「2つの理由」…耐えて耐えて初志貫徹の執念

    眞子さまが小室圭さんとの結婚を諦めなかった「2つの理由」…耐えて耐えて初志貫徹の執念

  3. 8
    「飲みィのやりィの…」離婚の高市大臣“肉食自伝”の衝撃

    「飲みィのやりィの…」離婚の高市大臣“肉食自伝”の衝撃

  4. 9
    “ロン毛ポニテ”小室圭さんの脂ギッシュな帰国報道 普通の芸能ニュースでは太刀打ちできない

    “ロン毛ポニテ”小室圭さんの脂ギッシュな帰国報道 普通の芸能ニュースでは太刀打ちできない

  5. 10
    二階派が高市氏「全面支持」の仰天情報! “2位・3位連合潰し”で岸田総理誕生を絶対阻止

    二階派が高市氏「全面支持」の仰天情報! “2位・3位連合潰し”で岸田総理誕生を絶対阻止