キムタク嫌いも見た? 「HERO」視聴率26・5%の要因

公開日: 更新日:

 人気に陰りの元視聴率男とフジテレビが、威信を懸けた「伝説のドラマ」の新シリーズで“朝ドラ超え”を達成した。

 木村拓哉(41)が13年ぶりに久利生検事を演じる月9ドラマ「HERO」。初回視聴率は26・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、「花子とアン」の25・9%(7月5日)を上回り、今年のドラマでトップとなった。

 キムタク主演のドラマは数字が取れなくなっている。昨年冬に放送された「安堂ロイド」(TBS系)も全話平均で12%程度。いくら前シリーズで全話30%超えを記録した人気ドラマの続編でも、20%は届かないだろうとの見方も多かった。

 それが及第点のスタートである。ドラマライターの堀江南氏は、こう分析した。

「HEROは、キムタクのドラマであって、キムタクのドラマではありません。個性豊かな登場人物によってストーリーが進行する群像劇です。織田裕二の『踊る大捜査線』と同じで、キムタク嫌いの視聴者も抵抗なく見られるし、あの世界観が好きだという“HEROファン”は多い。東京地検城西支部の雰囲気、登場人物の会話や振る舞い、俯瞰を多用するカメラワークなど、すべてを楽しんでいるのです。制作側も承知していて、キャストを入れ替えてもキャラクターは変えなかった。横柄な男性検事や毒舌の女性検事、生意気な女性事務官など、脇役の設定は13年前と同じです。何も変化を加えなかったことが、高い数字につながったのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る