文科省にもすがり…キムタク「HERO」なりふり構わぬ大宣伝

公開日:  更新日:

 有楽町、赤坂、表参道といった人が集まるエリアに大看板を掲げ、宣伝に躍起──。
 木村拓哉(41)主演の月9ドラマ「HERO」(フジテレビ系、月曜21時~)が来週14日からいよいよスタートする。

 キムタクは崖っぷちに立たされている。直近の連ドラ主演作「安堂ロイド」(13年、TBS系)が平均視聴率12%台と期待はずれの結果に終わり、「過去の人」という印象を世間に植えつけてしまったからだ。そんな背水の陣で挑む今作は自身のかつてのヒット作の続編。型破りの検事に扮し、01年の連ドラでは全話の視聴率が30%超。07年の映画版も年間実写邦画トップを記録するなど、「HERO」は黄金期を象徴する作品であり、キムタク史上最も視聴率を稼いだドラマなのだ。それだけにフジにとっても、大コケは絶対に許されない。念には念を入れて用意した「奥の手」が、文部科学省とのタイアップだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る