文科省にもすがり…キムタク「HERO」なりふり構わぬ大宣伝

公開日: 更新日:

 有楽町、赤坂、表参道といった人が集まるエリアに大看板を掲げ、宣伝に躍起──。
 木村拓哉(41)主演の月9ドラマ「HERO」(フジテレビ系、月曜21時~)が来週14日からいよいよスタートする。

 キムタクは崖っぷちに立たされている。直近の連ドラ主演作「安堂ロイド」(13年、TBS系)が平均視聴率12%台と期待はずれの結果に終わり、「過去の人」という印象を世間に植えつけてしまったからだ。そんな背水の陣で挑む今作は自身のかつてのヒット作の続編。型破りの検事に扮し、01年の連ドラでは全話の視聴率が30%超。07年の映画版も年間実写邦画トップを記録するなど、「HERO」は黄金期を象徴する作品であり、キムタク史上最も視聴率を稼いだドラマなのだ。それだけにフジにとっても、大コケは絶対に許されない。念には念を入れて用意した「奥の手」が、文部科学省とのタイアップだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る