文科省にもすがり…キムタク「HERO」なりふり構わぬ大宣伝

公開日:  更新日:

 有楽町、赤坂、表参道といった人が集まるエリアに大看板を掲げ、宣伝に躍起──。
 木村拓哉(41)主演の月9ドラマ「HERO」(フジテレビ系、月曜21時~)が来週14日からいよいよスタートする。

 キムタクは崖っぷちに立たされている。直近の連ドラ主演作「安堂ロイド」(13年、TBS系)が平均視聴率12%台と期待はずれの結果に終わり、「過去の人」という印象を世間に植えつけてしまったからだ。そんな背水の陣で挑む今作は自身のかつてのヒット作の続編。型破りの検事に扮し、01年の連ドラでは全話の視聴率が30%超。07年の映画版も年間実写邦画トップを記録するなど、「HERO」は黄金期を象徴する作品であり、キムタク史上最も視聴率を稼いだドラマなのだ。それだけにフジにとっても、大コケは絶対に許されない。念には念を入れて用意した「奥の手」が、文部科学省とのタイアップだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る