大田区で話題 下戸の林寛子が切り盛りするカラオケの評判

公開日: 更新日:

 最初はやっていけるか不安だった店も、3年経ったころ地元の他の飲食店さんから「カラオケ店といえば林寛子さんの店」と言われるようになり、最近では他店の社長さんから「町の顔になったよ」と言っていただけて、うれしいです。ネットでも広まって日本中だけでなくシンガポールからもお店に来てくれる方がいました。おかげで忙しくなり、テレビや舞台の仕事をやりながらで大変です。

 今年の夏は「キングオブコント2014」(コントの日本一決定戦)にクーミンと出場しました!予選1回戦を通過して話題になった。コンビ名は「○1○2(マルイチマルニ)」。これは結婚した数のこと。バツイチじゃなくて結婚、離婚をポジティブにとらえてこう名付けた。芝居もやるし、新曲が出るので忙しい。常連のお客さまからは「お店はどうなるんだ?」と心配されちゃって。「ちょっと待ってよ、私、芸能が本業よ!」と。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

もっと見る