みうらじゅん 12年後に真相を公表した「ゴジラ人形盗難事件」

公開日: 更新日:

<1979年8月>

 日本を代表する特撮映画といえば、東宝のゴジラシリーズ。国内では28作が製作された他、現在はハリウッドリメーク版の「GODZILLA ゴジラ」も公開中だ。

 79年8月、この年は新作ゴジラ映画の公開はなかったが、SF映画ブーム到来を受けて、東宝は過去のシリーズを一挙上映する“ゴジラ映画大全集”を企画した。会場は有楽町日劇(現有楽町マリオン)。入り口には宣伝用に全長2メートルほどのゴジラ人形が2体置かれていた。ゴジラはソフトビニール製で、体内には液体ゴムが流し込まれ、大人の背丈ほどの箱に針金で固定されていた。

 しかし、その大きなゴジラ人形が忽然と姿を消すという仰天事件が発生する。新聞には“ゴジラ盗まれる”の見出しが躍り、ワイドショーでも大々的に取り上げられる騒ぎに。もっとも、日劇の支配人はテレビで「ゴジラが大好きなファンでしょうし、年齢も未成年だろうということで今回は警察には言ってないんですよ」と寛大なコメントを出した。

 ことの真相が明らかになったのは12年後の91年のこと。イラストレーターのみうらじゅん(当時33)が雑誌に「ゴジラの運搬」と題する記事を掲載。そこには日劇前からゴジラを“運んだ”経緯が細かく書かれていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

  2. 2
    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

  3. 3
    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

  4. 4
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  5. 5
    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

  1. 6
    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

  5. 10
    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景

    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景