吉野公佳 清原との噂だけが独り歩きして激ヤセ入院

公開日: 更新日:

<1997年1月>

 94年の東洋紡水着キャンペーンガールやフジテレビ・ビジュアルクイーンに選ばれるなど、女子高生グラビアアイドルとしてブレークした吉野公佳。セクシーな健康美が人気で、米米CLUBの石井竜也が監督を務めた96年の映画「ACRI」では美しいヌードも披露して話題となった。

 だが、「ACRI」公開直後の96年秋ごろから激ヤセが指摘されるようになる。マニアの間で「丸顔にムチムチがいい感じだったのに」「1年ちょっとであんなになっちゃうとはネ」といった声が聞かれるようになった。出演していたバラエティー番組には「公佳ちゃんのガリガリの腕はどうしちゃったの」という視聴者からのクレームまで。

 原因について、所属事務所はハリウッドデビュー作となった96年秋の映画「BAJA RUN/デス・ドライブ」の撮影などによる仕事のしすぎと説明した。しかし、マスコミは吉野が典型的な拒食症で、激ヤセは男性関係からくる精神的なストレスが原因と書きたてる騒ぎに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る