日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

泰葉 春風亭小朝と金髪豚野郎騒動

<2008年9月>

 初代林家三平師匠の次女で、シンガー・ソングライターの泰葉。落語界のプリンスと呼ばれていた春風亭小朝と結婚したのは88年6月。わずか3回のデートで婚約、家族や一門の反対を乗り越えてのゴールインだった。泰葉は「浮気とか、父を見てましたから覚悟はしてます。浮気も打ち明けられる、隠し事のない家庭を築きたい」と喜びを語っていた。

 しかし、結婚から19年が過ぎた07年11月13日に突然、離婚を発表して世間を驚かせた。しかも会見場には金屏風が用意され、正蔵といっ平(現三平)の弟2人が同席するという前代未聞の離婚会見。

「登壇します!」と威勢のいい司会者の声で2人は登場。泰葉(当時46)は「会見の下見をしたらあまりにも壁が殺風景だった」と金屏風の理由をコメント。離婚後も同じマンションの別フロアに住む泰葉は、「夫婦から援助交際になるようなものです」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事