日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

三度目の正直で離婚した清水国明・クーコ

<1982年9月>

 独特のコミカルな曲が人気を呼び、70年代のフォークシーンをリードした清水国明・原田伸郎のデュオ、あのねのね。

 私生活では76年9月にタヒチで合同結婚式を挙げたことも大きな話題となった。原田の相手は元モデルの喜美子さん。清水はタレントとして活躍していたクーコと結婚した。

 とかく物議を醸したのは清水とクーコ。結婚直後から不仲報道が流れた。現在アウトドア愛好家として知られる清水だが、当時は家にこもって本を読むのが趣味という外出嫌い。夜になると飲みに行ったり、ディスコに行ったりするクーコを「ネオン中毒」と呼んだ。

 最初のうちは主婦業を頑張っていたクーコだが、その後、テレビ出演が多くなるにつれ、2人はゴタゴタが絶えないように。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事