はんにゃ金田哲が盲腸手術 「お腹の痛み」はバカにできない

公開日:  更新日:

 お笑いコンビ、はんにゃの金田哲(28)が、盲腸(急性虫垂炎)で入院した。所属事務所によると、15日午前3時ごろに腹痛を訴え、名古屋市の病院で手術を受けた。

 盲腸というと“大したことがない病気”と甘く見ている人が多いのではないか。しかし、打つ手が遅れれば、命にかかわることもあるのだ。松生クリニックの松生恒夫院長が言う。

「急性虫垂炎は、虫垂の中で細菌が増殖して炎症が起こった状態です。はっきりとした原因は分かっていません。急性虫垂炎の状態から炎症が進み悪化すると、腸壁に穴が開いて虫垂内の膿汁が腹腔内へと流れ出て、腹膜炎を起こすことがあります。軽症なら投薬治療で済むのに、腹膜炎までいくと、緊急手術が必要になり、何週間も入院しなくてはならなくなります」

 命が助かればいいが、最悪の事態に至ることもある。2006年には大阪府の病院で急性虫垂炎の手術を受けた男性(当時43歳)が3カ月後に死亡。手術後、縫合不全などから腹膜炎が悪化し、再手術が行われたが、敗血症、多臓器不全と病状が進行し、他院に転院後、死亡したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る