はんにゃ金田哲が盲腸手術 「お腹の痛み」はバカにできない

公開日: 更新日:

 お笑いコンビ、はんにゃの金田哲(28)が、盲腸(急性虫垂炎)で入院した。所属事務所によると、15日午前3時ごろに腹痛を訴え、名古屋市の病院で手術を受けた。

 盲腸というと“大したことがない病気”と甘く見ている人が多いのではないか。しかし、打つ手が遅れれば、命にかかわることもあるのだ。松生クリニックの松生恒夫院長が言う。

「急性虫垂炎は、虫垂の中で細菌が増殖して炎症が起こった状態です。はっきりとした原因は分かっていません。急性虫垂炎の状態から炎症が進み悪化すると、腸壁に穴が開いて虫垂内の膿汁が腹腔内へと流れ出て、腹膜炎を起こすことがあります。軽症なら投薬治療で済むのに、腹膜炎までいくと、緊急手術が必要になり、何週間も入院しなくてはならなくなります」

 命が助かればいいが、最悪の事態に至ることもある。2006年には大阪府の病院で急性虫垂炎の手術を受けた男性(当時43歳)が3カ月後に死亡。手術後、縫合不全などから腹膜炎が悪化し、再手術が行われたが、敗血症、多臓器不全と病状が進行し、他院に転院後、死亡したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る