• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

はんにゃ金田哲が盲腸手術 「お腹の痛み」はバカにできない

 お笑いコンビ、はんにゃの金田哲(28)が、盲腸(急性虫垂炎)で入院した。所属事務所によると、15日午前3時ごろに腹痛を訴え、名古屋市の病院で手術を受けた。

 盲腸というと“大したことがない病気”と甘く見ている人が多いのではないか。しかし、打つ手が遅れれば、命にかかわることもあるのだ。松生クリニックの松生恒夫院長が言う。

「急性虫垂炎は、虫垂の中で細菌が増殖して炎症が起こった状態です。はっきりとした原因は分かっていません。急性虫垂炎の状態から炎症が進み悪化すると、腸壁に穴が開いて虫垂内の膿汁が腹腔内へと流れ出て、腹膜炎を起こすことがあります。軽症なら投薬治療で済むのに、腹膜炎までいくと、緊急手術が必要になり、何週間も入院しなくてはならなくなります」

 命が助かればいいが、最悪の事態に至ることもある。2006年には大阪府の病院で急性虫垂炎の手術を受けた男性(当時43歳)が3カ月後に死亡。手術後、縫合不全などから腹膜炎が悪化し、再手術が行われたが、敗血症、多臓器不全と病状が進行し、他院に転院後、死亡したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る