市村正親 胃がん早期発見も気をつけたい手術後のリスク

公開日: 更新日:

 胃がんが見つかり、出演中のミュージカル「ミス・サイゴン」を降板した俳優の市村正親(65)は2週間ほど入院し、腹腔鏡手術を受けた後に自宅で療養するという。

 早期発見で命に別条はないというから、関係者はひと安心だろう。が、65歳という年齢を考えたら、術後も要注意だ。

 日本消化器病学会専門医の江田証氏(江田クリニック院長)が言う。

「市村さんは腹腔鏡手術を受けるということですが、がんができている場所によって、胃を全摘出するか、一部を残すかが決まります。全摘出した場合、術後は『ダンピング症候群』に気をつけなければいけません。通常なら、口から食べた物はまず胃の中で細かくおかゆ状にされ、2~3時間かけてゆっくり小腸まで運ばれます。しかし、胃を全摘出すると、食べ物が固形状のままいきなり小腸に入ってくる。すると、血糖が一気に上がってインスリンが大量に分泌され、その影響によって、今度は逆に低血糖になってしまう。胃を全摘出した患者さんが、術後に低血糖を起こして失神し、病院に運ばれてくるケースは少なくありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    4歳の娘がコロナで急死…「ワクチン反対派」だった米国女性の漏らした後悔の念

    4歳の娘がコロナで急死…「ワクチン反対派」だった米国女性の漏らした後悔の念

  2. 2
    阪神がプロ・アマ規定違反! 天理・達孝太投手とプロ志望届「提出前」に面談していた

    阪神がプロ・アマ規定違反! 天理・達孝太投手とプロ志望届「提出前」に面談していた

  3. 3
    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

  4. 4
    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る

    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る

  5. 5
    ショーンKと同じなのか 高市早苗大臣に「経歴詐称」疑惑

    ショーンKと同じなのか 高市早苗大臣に「経歴詐称」疑惑

もっと見る

  1. 6
    高市早苗氏が総裁選レースで失速…細田派内でも「安倍離れ」急加速でシンパ議員は大慌て

    高市早苗氏が総裁選レースで失速…細田派内でも「安倍離れ」急加速でシンパ議員は大慌て

  2. 7
    北村有起哉にブーム到来の予感! イマドキ女性が求める“3続男性”で好感度上昇中?

    北村有起哉にブーム到来の予感! イマドキ女性が求める“3続男性”で好感度上昇中?

  3. 8
    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  4. 9
    高市早苗氏の出馬表明会見で袋叩きに…ジャーナリスト横田一氏に「質問」の真意を聞いた

    高市早苗氏の出馬表明会見で袋叩きに…ジャーナリスト横田一氏に「質問」の真意を聞いた

  5. 10
    「飲みィのやりィの…」離婚の高市大臣“肉食自伝”の衝撃

    「飲みィのやりィの…」離婚の高市大臣“肉食自伝”の衝撃