市村正親 胃がん早期発見も気をつけたい手術後のリスク

公開日:  更新日:

 胃がんが見つかり、出演中のミュージカル「ミス・サイゴン」を降板した俳優の市村正親(65)は2週間ほど入院し、腹腔鏡手術を受けた後に自宅で療養するという。

 早期発見で命に別条はないというから、関係者はひと安心だろう。が、65歳という年齢を考えたら、術後も要注意だ。

 日本消化器病学会専門医の江田証氏(江田クリニック院長)が言う。

「市村さんは腹腔鏡手術を受けるということですが、がんができている場所によって、胃を全摘出するか、一部を残すかが決まります。全摘出した場合、術後は『ダンピング症候群』に気をつけなければいけません。通常なら、口から食べた物はまず胃の中で細かくおかゆ状にされ、2~3時間かけてゆっくり小腸まで運ばれます。しかし、胃を全摘出すると、食べ物が固形状のままいきなり小腸に入ってくる。すると、血糖が一気に上がってインスリンが大量に分泌され、その影響によって、今度は逆に低血糖になってしまう。胃を全摘出した患者さんが、術後に低血糖を起こして失神し、病院に運ばれてくるケースは少なくありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る