違い鮮明…辻仁成と中山美穂 離婚後「前向き発言」の明暗

公開日:  更新日:

「きちんとした媒体でお話しさせていただくつもりです」

 先月、夫でミュージシャンの辻仁成(54)と離婚後、自身のツイッターでそう呟いていた中山美穂(44)が、予告通り、「きちんとした媒体」の女性誌「美ST」(光文社)の表紙を飾り、独占告白が掲載されて話題になっている。

 中山によると、家族と暮らしていたフランスでは通常、離婚しても親権は半分。両親が交互に子育てをするのが当たり前で、そのつもりでいたそうだが、「離婚を承諾してもらうための条件」が「親権を譲ること」だったため仕方なく親権を譲ったという。

 長年にわたって子宮筋腫を患っていたそうだが、病状が悪化し限界に達していた時、「好きな人」に出会い、「好きな人」に付き添われ、日本の病院で入院・手術を行い回復したという。離婚については「覚悟を持って決めたこと」と語り、「これからは新しい人生を可能な限り生きてみたいと思っています」と前向きな発言が掲載されている。だが、どう言い繕っても、夫と小学生の子供より新しい男性を選んだ身勝手さは拭いきれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  9. 9

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

  10. 10

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

もっと見る