共産党機関紙も苦言…中国で流行「反日ドラマ」のハチャメチャ

公開日:  更新日:

 素手で投げた爆弾で日本の戦闘機を撃墜、カンフーの達人が日本兵の身体を一突きで真っ二つに──。こんな荒唐無稽な描写の「反日ドラマ」が中国国内で流行している。

 中国の「国家新聞出版ラジオ映画テレビ総局」は、9月から10月末にかけて「反ファシズム」を題材にしたドラマを放送するよう各テレビ局に通知を出した。中国政府は、来年を「反ファシズム戦争勝利70周年」と位置づけ、歴史問題に絡めた対日攻勢を強めている。抗日戦争勝利記念日の9月3日からメディアを通じた愛国キャンペーンを大々的に展開していくという。

「反日を題材にしたドラマは当局の審査を通りやすい実情がありますが、大半は勧善懲悪の娯楽的要素が強い内容ばかり。日本人が悪魔のように描かれていて、中高年を中心にウケていますが、現実離れした描写に若い人たちは首をかしげている。真剣に見ている人はほとんどいません」(中国人留学生)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る