共産党機関紙も苦言…中国で流行「反日ドラマ」のハチャメチャ

公開日: 更新日:

 素手で投げた爆弾で日本の戦闘機を撃墜、カンフーの達人が日本兵の身体を一突きで真っ二つに──。こんな荒唐無稽な描写の「反日ドラマ」が中国国内で流行している。

 中国の「国家新聞出版ラジオ映画テレビ総局」は、9月から10月末にかけて「反ファシズム」を題材にしたドラマを放送するよう各テレビ局に通知を出した。中国政府は、来年を「反ファシズム戦争勝利70周年」と位置づけ、歴史問題に絡めた対日攻勢を強めている。抗日戦争勝利記念日の9月3日からメディアを通じた愛国キャンペーンを大々的に展開していくという。

「反日を題材にしたドラマは当局の審査を通りやすい実情がありますが、大半は勧善懲悪の娯楽的要素が強い内容ばかり。日本人が悪魔のように描かれていて、中高年を中心にウケていますが、現実離れした描写に若い人たちは首をかしげている。真剣に見ている人はほとんどいません」(中国人留学生)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  5. 5

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  9. 9

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  10. 10

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る