視聴率大幅ダウンの「HERO」 ゲスト出演者もSMAP頼み?

公開日: 更新日:

「まだ第2話が終わったばかりなのに、関連のセクションや上層部には“お通夜ムード”が漂っていますよ」

 フジテレビの局内からそんな声も聞こえるのが、キムタク主演の月9ドラマ「HERO」。21日に放送された第2話が初回視聴率26・5%から19・0%へ大幅にダウンしてしまったからだ。

「13年前の前作と半分近くキャストを入れ替えての続編。初回を見た前作のファンが愛想を尽かしたのでしょう。毎回登場が予定されているというゲスト出演者は、初回が『若者たち2014』の主題歌を歌う森山直太朗で、半分は番宣目的。第2話は谷原章介で、第3話は前田吟……。視聴率のV字回復は見込めません」(放送担当記者)

 そんな窮地のフジがすがるのはやはりSMAPだという。

「今年の『27時間テレビ』で司会を務めるのがSMAP。もちろん、司会はキムタクが『HERO』に主演していることを見越してのことだが、ドラマの終盤に向け、SMAPのメンバーを何らかの形で投入していくようです。となれば、メンバー5人がそろう唯一のレギュラー番組『SMAP×SMAP』もドラマの番宣に使えるメリットがある」(フジ関係者)

 SMAPは低迷フジの“HERO”となるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る