視聴率大幅ダウンの「HERO」 ゲスト出演者もSMAP頼み?

公開日:  更新日:

「まだ第2話が終わったばかりなのに、関連のセクションや上層部には“お通夜ムード”が漂っていますよ」

 フジテレビの局内からそんな声も聞こえるのが、キムタク主演の月9ドラマ「HERO」。21日に放送された第2話が初回視聴率26・5%から19・0%へ大幅にダウンしてしまったからだ。

「13年前の前作と半分近くキャストを入れ替えての続編。初回を見た前作のファンが愛想を尽かしたのでしょう。毎回登場が予定されているというゲスト出演者は、初回が『若者たち2014』の主題歌を歌う森山直太朗で、半分は番宣目的。第2話は谷原章介で、第3話は前田吟……。視聴率のV字回復は見込めません」(放送担当記者)

 そんな窮地のフジがすがるのはやはりSMAPだという。

「今年の『27時間テレビ』で司会を務めるのがSMAP。もちろん、司会はキムタクが『HERO』に主演していることを見越してのことだが、ドラマの終盤に向け、SMAPのメンバーを何らかの形で投入していくようです。となれば、メンバー5人がそろう唯一のレギュラー番組『SMAP×SMAP』もドラマの番宣に使えるメリットがある」(フジ関係者)

 SMAPは低迷フジの“HERO”となるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る