小保方氏のSTAP細胞 「検証打ち切るべき」と東大特任教授

公開日: 更新日:

「宝くじがどれくらいの確率で当たるのかということ(と同じ)。答えるのは不可能です」――。

 STAP細胞が存在する可能性を問われた理化学研究所の相沢慎一特別顧問が口にした“本音”が全てを物語っていた。理研が27日、都内で開いたSTAP現象を検証する中間報告の会見。公表された中間報告の中身は「STAP現象は確認できない」という厳しい内容で、検証実験の打ち切りも現実味を帯びてきた。

 理研の検証チームは当初、7月末に中間報告を公表し、8月末にはSTAP細胞の万能性を証明する「キメラマウス」の誕生を見込んでいた。ところが、会見した丹羽仁史プロジェクトリーダーらによると、STAP細胞の“発見者”である理研の小保方晴子リーダーの論文に従って計22回、再現実験に取り組んだものの、万能性の目印である遺伝子に見られる特有の緑色の発光が確認されなかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  6. 6

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る