全番組降板も?…江角マキコが“落書き騒動”で負った致命傷

公開日:  更新日:

 江角マキコ(47)の落書き騒動の余波は止まりそうもない。先週「週刊文春」が報じた「江角マキコに『バカ息子』と落書きされた長嶋一茂邸」という記事だ。

 実際に落書きしたのは元マネジャーで、江角の母親は「その人が勝手にやったんじゃないの? 娘はやってませんからね」と否定したが、それで事は終わらない。

 すでにCM契約している企業は、すぐに事実確認に走り、事実上の打ち切り状態になっているケースも出ているし、レギュラー番組もどうなるかわからない。今は「バイキング」(フジテレビ系)、「私の何がイケないの?」(TBS系)、そして、「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)の「ゴチになります!」の3本あるが……。

「マネジャーはスプレーで一茂邸に落書きしたことを認めていますが、落書きは器物損壊罪で刑事罰を科されるケースもあるほどでタチが悪い。もし当局が動いたら、江角が関係ないといってもイメージは最悪。番組降板の可能性も十分、あり得ます。レギュラー番組消滅の危機です」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る