日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フジ生野アナ参入で司会3人…安藤優子に“降板説”再び?

「そろそろあの人も首筋がうすら寒くなってきてるんじゃないですか?」

 テレビ関係者の間で話題になっているのが、フジテレビ「スーパーニュース」でキャスターを担当している安藤優子(55)だ。

 10日、フジテレビは朝の情報番組「めざましテレビ」のメーンキャスターを務める生野陽子アナ(30)の卒業を発表した。

 と、同時に「スーパーニュース」のメーンに座ることも付け加えた。

 これまで「スーパーニュース」は安藤と椿原慶子アナ(28)の2トップ。
 そこへ、さらに生野を投入し、3トップにするというから関係者はザワめき立っている。

「これまでも改編のたびに“安藤降板”の臆測は流れていました。00年からずっとメーンを張る長期政権で、今や局内でも安藤にダメ出しできる人はいないと言われている。さらに高額ギャラもネックになっていました。しかし、これまでは夫がフジの担当局長ということもあってなんとか生き永らえてきた。その神通力も“いよいよ効かなくなってきたか”とみられているのです」(テレビ関係者)

 生野の「スーパーニュース」移籍について、安藤自身は「新たな生野さんを『スーパーニュース』で爆発させたい。九州女子の胆力と底力を大いに期待しています」と余裕のエールを送っていた。

 果たして胸中は――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事