映画「水の声を聞く」がヒット中 山本政志監督インタビュー

公開日: 更新日:

「『恋の渦』で大根監督がいい仕事をしてくれました。まさにカネを生むケースですね。とにかく完成前から出来栄えが素晴らしく、何となくしゃくにさわったというか、いや、やる気をかき立てられたんです。で、脚本も未完成のまま、エピローグという形で前半30分を撮影しました。危ない橋を渡るようなやり方はここ何年も避けていました。本当に痛い目に遭っているから。でも映画が撮れなくなったら、俺は単なる妙なおっさん。突き動かされるものには敏感でいたい」

 91年に撮影を開始した博物学者・南方熊楠を題材とした映画「熊楠」が頓挫。億単位の負債を抱えた過去がある。今もこの映画の“憑依霊”が抜き切れないというが、今作を手がけられたことは大きな一歩になったという。

「自然のエネルギーを感じる題材だったり、都市的、ドキュメンタリータッチに引かれる。総じて今のものを撮るのが好きなんです。下世話なところからカメラを回したい。ただ憑依霊とは当面付き合わなきゃだめでしょうね。原因である『熊楠』を撮り終えて初めて解放されるんだろうから。ハハハ」

【水の声を聞く】

 不安定な現代社会に生きる人々の姿を、宗教団体の教祖になってしまった在日韓国人の偽物の巫女を中心に描いたドラマ。きょう(12日)19時20分からの回の上映後、主演の玄里、村上淳、趣里によるトークイベント開催予定。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る