• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画「水の声を聞く」がヒット中 山本政志監督インタビュー

 口コミで評判が広がっている映画がある。オーディトリウム渋谷で公開中の「水の声を聞く」。手がけたのは、自主映画の世界で気を吐いてきた山本政志監督(58)。商業映画とはほぼ無縁、ユニークで綱渡り的な製作活動を続ける監督だ。

「何も商業映画が悪いということではない。商業映画だろうがインディーズだろうが作品が面白ければ形態なんてどうでもいい、そういうスタンスです。ただ性に合っていないんでしょうね。映画とは稼ぐために付き合っているわけではないから。もちろん、ある時はカネを生むこともある。でもあくまで二次的なもの。映画製作は世の中のすべてのものと別格だから楽しい」

 2012年と13年の2年間、13人の監督が低予算、限られた時間の中で受講生と作品を作る実践型の映画塾「シネマ☆インパクト」を主宰。そこで生まれた大根仁監督作品「恋の渦」が異例の大ヒットを記録。その収益を全額投入する形で今作のカメラを回した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る