映画「水の声を聞く」がヒット中 山本政志監督インタビュー

公開日:  更新日:

 口コミで評判が広がっている映画がある。オーディトリウム渋谷で公開中の「水の声を聞く」。手がけたのは、自主映画の世界で気を吐いてきた山本政志監督(58)。商業映画とはほぼ無縁、ユニークで綱渡り的な製作活動を続ける監督だ。

「何も商業映画が悪いということではない。商業映画だろうがインディーズだろうが作品が面白ければ形態なんてどうでもいい、そういうスタンスです。ただ性に合っていないんでしょうね。映画とは稼ぐために付き合っているわけではないから。もちろん、ある時はカネを生むこともある。でもあくまで二次的なもの。映画製作は世の中のすべてのものと別格だから楽しい」

 2012年と13年の2年間、13人の監督が低予算、限られた時間の中で受講生と作品を作る実践型の映画塾「シネマ☆インパクト」を主宰。そこで生まれた大根仁監督作品「恋の渦」が異例の大ヒットを記録。その収益を全額投入する形で今作のカメラを回した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る