日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画「ルパン三世」北村監督が語るカーチェイス撮影の舞台裏

 小栗旬(31)主演の映画「ルパン三世」が8月30日に初日を迎えた。封切り2日間の観客動員数33万5000人と好調のスタートを切った。

「映画監督という生き様」(集英社新書)を最近出版した北村龍平監督(45)は、「あずみ」「ゴジラ FINAL WARS」など話題作を発表後、ハリウッドをベースに活動している。10年ぶりに日本で撮ったのが今回の作品だ。「ルパン三世」の映画化の話があった時、「監督史上最も難しいプロジェクトだと思った」と北村監督は話す。

「だれもが知っている作品で、歴史もあり、どの時代の、どの作品を見たかで観客のルパン三世へのイメージは全く違います。制限がある中で、絶対に負けられない作品を作ろうとプロデューサーと徹底的に話し合い、新しいワールドのルパン三世を作り出しました」

 映画中盤のカーチェイスは圧巻。しかし撮影前、スタッフ全員が「できない」と考えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事