「花子とアン」を支えた美輪明宏ファミリーの“鉄の結束”

公開日: 更新日:

 終了まであと2週間になったNHK朝ドラ「花子とアン」。前作「ごちそうさん」、前々作「あまちゃん」と同様に何人もの脇役がクローズアップされたが、「花子とアン」の場合、ナレーションの美輪明宏(79)の関係者が2人もいる。

 最初は東西日報の記者で、のちにラジオ局のディレクターになる黒沢を演じた木村彰吾(34)。木村は美輪組の俳優で、最近の舞台では常に相手役を務め、美輪が「前世は夫婦だった」と公言する仲だ。寵愛を受けているという言葉がピッタリ。

 先ごろ話題になったのは蓮子を演じる仲間由紀恵(34)の夫役、中島歩(25)。「土曜スタジオパーク」に出演した際、本人が「国木田独歩の玄孫です」と語って周囲を驚かせたが、中島は昨年、美輪の主演舞台「黒蜥蜴」のオーディションに合格して、美輪の恋人役を射止めたラッキーボーイ。美輪に直接、演技指導を受けた秘蔵っ子だ。

 ドラマのヒットの影に美輪ファミリーあり。その結束の固さが伝わるエピソードも。現在、美輪は池袋の東京芸術劇場で「ロマンティック音楽会2014」に出演中。トークの8割は「花子とアン」の話題なのだが、美輪はそこで来春の舞台について発表。来年は三島由紀夫の生誕90年、没後45年のメモリアルイヤーであることから三島の「黒蜥蜴」にするとし、木村が明智小五郎役、中島が黒蜥蜴の恋人・雨宮を演じるというのだ。

 実はこれは昨年と同じ配役。しかし、今回は朝ドラ人気もあり、話題になるのを見込んで同じキャスティングにしたのだろう。美輪ファミリーのわが世の春か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧ジャニーズ大物たちが足を引っ張った…秋ドラマ「がっかりランキング」はコレだ!

    旧ジャニーズ大物たちが足を引っ張った…秋ドラマ「がっかりランキング」はコレだ!

  2. 2
    箱根駅伝「山の神」の時代はもう終わり 勝負のポイントが再び平地へ戻ってきた

    箱根駅伝「山の神」の時代はもう終わり 勝負のポイントが再び平地へ戻ってきた

  3. 3
    中日移籍の中田翔 いきなり球団最高年俸「2年6億円」の舞台裏…懸念は故障と向上心の空回り

    中日移籍の中田翔 いきなり球団最高年俸「2年6億円」の舞台裏…懸念は故障と向上心の空回り

  4. 4
    有村架純「どうする家康」ファン感謝祭欠席の裏 松本潤との"静岡デート"報道でNHKが「待った!」

    有村架純「どうする家康」ファン感謝祭欠席の裏 松本潤との"静岡デート"報道でNHKが「待った!」

  5. 5
    麻布台ヒルズが華々しくオープンしたのに…森ビルの財務は窮地の謎解き

    麻布台ヒルズが華々しくオープンしたのに…森ビルの財務は窮地の謎解き

  1. 6
    オリックス1位・横山聖哉 看護師の父は泣きながら茶碗を抱える息子に「心を鬼にした」

    オリックス1位・横山聖哉 看護師の父は泣きながら茶碗を抱える息子に「心を鬼にした」

  2. 7
    山本由伸メジャー移籍先は「3球団に絞られた」と米メディア、年俸総額は2億ドル超え確実

    山本由伸メジャー移籍先は「3球団に絞られた」と米メディア、年俸総額は2億ドル超え確実

  3. 8
    大谷翔平の移籍先最終候補は5球団…そして金満球団(メッツ、Rソックス、レンジャーズ)が消えた理由

    大谷翔平の移籍先最終候補は5球団…そして金満球団(メッツ、Rソックス、レンジャーズ)が消えた理由

  4. 9
    75歳以上の医療費「窓口負担2倍」に…岸田政権が的外れ少子化対策で後期高齢者を狙い撃ち

    75歳以上の医療費「窓口負担2倍」に…岸田政権が的外れ少子化対策で後期高齢者を狙い撃ち

  5. 10
    中田翔自ら“契約破棄”も巨人は痛くもかゆくもなし…阿部新監督が「構想外」を突きつけた

    中田翔自ら“契約破棄”も巨人は痛くもかゆくもなし…阿部新監督が「構想外」を突きつけた