日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「花子とアン」を支えた美輪明宏ファミリーの“鉄の結束”

 終了まであと2週間になったNHK朝ドラ「花子とアン」。前作「ごちそうさん」、前々作「あまちゃん」と同様に何人もの脇役がクローズアップされたが、「花子とアン」の場合、ナレーションの美輪明宏(79)の関係者が2人もいる。

 最初は東西日報の記者で、のちにラジオ局のディレクターになる黒沢を演じた木村彰吾(34)。木村は美輪組の俳優で、最近の舞台では常に相手役を務め、美輪が「前世は夫婦だった」と公言する仲だ。寵愛を受けているという言葉がピッタリ。

 先ごろ話題になったのは蓮子を演じる仲間由紀恵(34)の夫役、中島歩(25)。「土曜スタジオパーク」に出演した際、本人が「国木田独歩の玄孫です」と語って周囲を驚かせたが、中島は昨年、美輪の主演舞台「黒蜥蜴」のオーディションに合格して、美輪の恋人役を射止めたラッキーボーイ。美輪に直接、演技指導を受けた秘蔵っ子だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事