「花子とアン」を支えた美輪明宏ファミリーの“鉄の結束”

公開日: 更新日:

 終了まであと2週間になったNHK朝ドラ「花子とアン」。前作「ごちそうさん」、前々作「あまちゃん」と同様に何人もの脇役がクローズアップされたが、「花子とアン」の場合、ナレーションの美輪明宏(79)の関係者が2人もいる。

 最初は東西日報の記者で、のちにラジオ局のディレクターになる黒沢を演じた木村彰吾(34)。木村は美輪組の俳優で、最近の舞台では常に相手役を務め、美輪が「前世は夫婦だった」と公言する仲だ。寵愛を受けているという言葉がピッタリ。

 先ごろ話題になったのは蓮子を演じる仲間由紀恵(34)の夫役、中島歩(25)。「土曜スタジオパーク」に出演した際、本人が「国木田独歩の玄孫です」と語って周囲を驚かせたが、中島は昨年、美輪の主演舞台「黒蜥蜴」のオーディションに合格して、美輪の恋人役を射止めたラッキーボーイ。美輪に直接、演技指導を受けた秘蔵っ子だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る