もう「HERO3」出演を決意? 元視聴率男キムタクの狙い

公開日:  更新日:

 前回は13年もかかったのに今回はわずか1カ月――。テレビ関係者を驚かせているのがSMAPの木村拓哉(41)の選択だ。先月22日に最終回を迎えたばかりの「HERO」のシーズン3に出演することを早くも承諾したというのである。

 ドラマ「HERO」は木村演じる型破りな検事・久利生公平の活躍をベースに、01年のシーズン1(全11話)は平均視聴率34・3%という驚異的な数字をたたき出した。今年7月から放映されたシーズン2も平均視聴率21・3%(全11話)と現時点で民放連ドラのトップに躍り出た。シーズン2が視聴者に受けた理由のひとつが枯渇感だ。

「彼は出演したドラマがどんなに高視聴率を取ってもある程度の期間を置かないと続編に出ない。ファンや視聴者にガツガツしていると思われたくないという木村なりの美学なんです。現に今回のドラマ『HERO』は映画版が07年に公開されているものの、実現するのに13年もかかっている」(芸能プロ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る