もう「HERO3」出演を決意? 元視聴率男キムタクの狙い

公開日: 更新日:

 前回は13年もかかったのに今回はわずか1カ月――。テレビ関係者を驚かせているのがSMAPの木村拓哉(41)の選択だ。先月22日に最終回を迎えたばかりの「HERO」のシーズン3に出演することを早くも承諾したというのである。

 ドラマ「HERO」は木村演じる型破りな検事・久利生公平の活躍をベースに、01年のシーズン1(全11話)は平均視聴率34・3%という驚異的な数字をたたき出した。今年7月から放映されたシーズン2も平均視聴率21・3%(全11話)と現時点で民放連ドラのトップに躍り出た。シーズン2が視聴者に受けた理由のひとつが枯渇感だ。

「彼は出演したドラマがどんなに高視聴率を取ってもある程度の期間を置かないと続編に出ない。ファンや視聴者にガツガツしていると思われたくないという木村なりの美学なんです。現に今回のドラマ『HERO』は映画版が07年に公開されているものの、実現するのに13年もかかっている」(芸能プロ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  5. 5

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  9. 9

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  10. 10

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

もっと見る