父親は鶴瓶 映画初主演の駿河太郎に“脱2世”の実力備わる

公開日: 更新日:

 16日、詩人画家・竹久夢二の生誕130年記念映画「夢二、愛の迸り」(来年公開予定)の製作発表会見が開かれ、夢二を演じる主演の駿河太郎(36)、夢二の妻・たまきを演じる黒谷友香(38)らが出席した。

 多くの女性から愛された夢二の魅力について駿河は「一生、思春期やったんやと思います。自分のときもそうでしたけど、何か分からんけどむしゃくしゃして腹立つことってある。大人になってもそれを持っている人って少ない。女性はその危うさに母性本能をくすぐられたのかなあと。でも、素晴らしい人が人間的に素晴らしいかはまた別だろうなとも思います」と分析。

 自身の思春期について聞かれると、「この仕事をやるからには評価されたい。でも自分の中にフラストレーションはある。僕の場合は父親のこともあって、比較されることも多い。でも駿河太郎という人間を見て評価してほしいというのがある」と語った。

 駿河は父親が笑福亭鶴瓶(62)という、いわゆる“2世俳優”。耳にタコができるほど「親の七光」「コネ」といわれてきたはずだが、30歳のとき「東映映画大学」のオーディションに合格して初めて俳優の道へ進んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”