父親は鶴瓶 映画初主演の駿河太郎に“脱2世”の実力備わる

公開日: 更新日:

 16日、詩人画家・竹久夢二の生誕130年記念映画「夢二、愛の迸り」(来年公開予定)の製作発表会見が開かれ、夢二を演じる主演の駿河太郎(36)、夢二の妻・たまきを演じる黒谷友香(38)らが出席した。

 多くの女性から愛された夢二の魅力について駿河は「一生、思春期やったんやと思います。自分のときもそうでしたけど、何か分からんけどむしゃくしゃして腹立つことってある。大人になってもそれを持っている人って少ない。女性はその危うさに母性本能をくすぐられたのかなあと。でも、素晴らしい人が人間的に素晴らしいかはまた別だろうなとも思います」と分析。

 自身の思春期について聞かれると、「この仕事をやるからには評価されたい。でも自分の中にフラストレーションはある。僕の場合は父親のこともあって、比較されることも多い。でも駿河太郎という人間を見て評価してほしいというのがある」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る