日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

父親は鶴瓶 映画初主演の駿河太郎に“脱2世”の実力備わる

 16日、詩人画家・竹久夢二の生誕130年記念映画「夢二、愛の迸り」(来年公開予定)の製作発表会見が開かれ、夢二を演じる主演の駿河太郎(36)、夢二の妻・たまきを演じる黒谷友香(38)らが出席した。

 多くの女性から愛された夢二の魅力について駿河は「一生、思春期やったんやと思います。自分のときもそうでしたけど、何か分からんけどむしゃくしゃして腹立つことってある。大人になってもそれを持っている人って少ない。女性はその危うさに母性本能をくすぐられたのかなあと。でも、素晴らしい人が人間的に素晴らしいかはまた別だろうなとも思います」と分析。

 自身の思春期について聞かれると、「この仕事をやるからには評価されたい。でも自分の中にフラストレーションはある。僕の場合は父親のこともあって、比較されることも多い。でも駿河太郎という人間を見て評価してほしいというのがある」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事