武豊も騎乗の「ハルウララ号」は引退10年 余生は千葉御宿で

公開日:  更新日:

 秋のGⅠシーズン真っただ中。今週は天皇賞・秋だ。ところで、ちょうど10年前、日本中に一大ブームを巻き起こしたサラブレッドがいた。連戦連敗が話題になった高知競馬の牝馬ハルウララだ。連敗中のハルウララに武豊が騎乗した際には7時間待ちの入場制限が設けられ、単勝の売り上げは1億2175万円を記録した。

“中年の星”“オジさんのアイドル”と持ち上げられた同馬は、今どうしているのか。

「うーちゃんが北海道・日高の牧場からウチに来たのは12年12月でした。当時は所有名義が競馬エッセイストの安西美穂子さんの会社になっていて、月8万円の預託料金でお預かりしたんです」

 太平洋に面する千葉県御宿町。JR外房線御宿駅からタクシーで5分の預託牧場「マーサファーム」を訪れると、スタッフでハルウララ飼育担当の宮原優子さん(32)がこう説明してくれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る