武豊も騎乗の「ハルウララ号」は引退10年 余生は千葉御宿で

公開日:  更新日:

 秋のGⅠシーズン真っただ中。今週は天皇賞・秋だ。ところで、ちょうど10年前、日本中に一大ブームを巻き起こしたサラブレッドがいた。連戦連敗が話題になった高知競馬の牝馬ハルウララだ。連敗中のハルウララに武豊が騎乗した際には7時間待ちの入場制限が設けられ、単勝の売り上げは1億2175万円を記録した。

“中年の星”“オジさんのアイドル”と持ち上げられた同馬は、今どうしているのか。

「うーちゃんが北海道・日高の牧場からウチに来たのは12年12月でした。当時は所有名義が競馬エッセイストの安西美穂子さんの会社になっていて、月8万円の預託料金でお預かりしたんです」

 太平洋に面する千葉県御宿町。JR外房線御宿駅からタクシーで5分の預託牧場「マーサファーム」を訪れると、スタッフでハルウララ飼育担当の宮原優子さん(32)がこう説明してくれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る