武豊も騎乗の「ハルウララ号」は引退10年 余生は千葉御宿で

公開日: 更新日:

 秋のGⅠシーズン真っただ中。今週は天皇賞・秋だ。ところで、ちょうど10年前、日本中に一大ブームを巻き起こしたサラブレッドがいた。連戦連敗が話題になった高知競馬の牝馬ハルウララだ。連敗中のハルウララに武豊が騎乗した際には7時間待ちの入場制限が設けられ、単勝の売り上げは1億2175万円を記録した。

“中年の星”“オジさんのアイドル”と持ち上げられた同馬は、今どうしているのか。

「うーちゃんが北海道・日高の牧場からウチに来たのは12年12月でした。当時は所有名義が競馬エッセイストの安西美穂子さんの会社になっていて、月8万円の預託料金でお預かりしたんです」

 太平洋に面する千葉県御宿町。JR外房線御宿駅からタクシーで5分の預託牧場「マーサファーム」を訪れると、スタッフでハルウララ飼育担当の宮原優子さん(32)がこう説明してくれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

  11. 10

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

もっと見る