広島の“パンチョ”木下富雄 今は「カープ鳥」の名物大将

公開日:  更新日:

 1970年代半ばから80年代にかけての広島カープの黄金時代。“パンチョ”のニックネームでファンに愛された内野手がいた。しぶといバッティングと誰もがうなる広い守備範囲で鳴らした木下富雄さん(63)だ。トレードマークだった口ヒゲが懐かしい。カープひと筋、引退後もコーチ、二軍監督として若手を指導し、解説者としても活躍していたが、さて、今どうしているのか。

 トレードマークだった口ヒゲがすっかり白くなった木下さんと会ったのは、広島市中区十日市町にある炭焼やきとり処「カープ鳥きのした」。

「7年前にボクがオーナー、長男が店長で始めたんだ。長男は亜細亜大学の野球部でピッチャーやってたんだけど、1年の時、将来は焼き肉屋をやりたいとかいって野球部を辞めちゃってね。何とか大学を卒業した年に狂牛病騒ぎがあり、焼き肉屋どころじゃなくなった。で、接客業の勉強のために家具店に就職したのよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る