広島の“パンチョ”木下富雄 今は「カープ鳥」の名物大将

公開日: 更新日:

 1970年代半ばから80年代にかけての広島カープの黄金時代。“パンチョ”のニックネームでファンに愛された内野手がいた。しぶといバッティングと誰もがうなる広い守備範囲で鳴らした木下富雄さん(63)だ。トレードマークだった口ヒゲが懐かしい。カープひと筋、引退後もコーチ、二軍監督として若手を指導し、解説者としても活躍していたが、さて、今どうしているのか。

 トレードマークだった口ヒゲがすっかり白くなった木下さんと会ったのは、広島市中区十日市町にある炭焼やきとり処「カープ鳥きのした」。

「7年前にボクがオーナー、長男が店長で始めたんだ。長男は亜細亜大学の野球部でピッチャーやってたんだけど、1年の時、将来は焼き肉屋をやりたいとかいって野球部を辞めちゃってね。何とか大学を卒業した年に狂牛病騒ぎがあり、焼き肉屋どころじゃなくなった。で、接客業の勉強のために家具店に就職したのよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

もっと見る