喧嘩プロレス“組長”二瓶一将は元横綱・曙とステーキ店経営

公開日:  更新日:

 20世紀末期、プロレス団体「二瓶組」を率い、殴る蹴るは当たり前の“喧嘩プロレス”を看板に暴れまわった二瓶一将組長(49)。剃り込みを入れ、黒のスーツにサングラス、光り物をジャラジャラさせる“極道キャラ”で人気だった。しかし、04年の交通事故の後遺症で第一線から遠ざかるようになり、塀の向こうに落ちちゃったんじゃないにしても、“復活”が定番のプロレス界でも名前を聞かなくなった。さて、今どうしているのか――。

「ステーキハウスをやりたくて、5年前から準備してたんだよ。肉はニュージーランド産のオーシャンビーフ、ソースもニンニク、蜂蜜、リンゴジュース、バジル、タマネギ、大根おろしなど14種類の食材をブレンドした、抜群にウマいヤツが完成してた。そんなところに、なじみの横綱(曙)から自分も商売をやりたいって相談を受けてね。で、だったらと、一緒にここを始めたんだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る