元アイドルレスラー大向美智子が語る山口での“玉の輿”生活

公開日:  更新日:

 90年代デビューの女子プロレス界には美人レスラーが多かった。工藤めぐみ、キューティー鈴木、府川唯未……。そしてもうひとり、忘れてはならないのが本日登場の大向美智子さんだ。「大向美智子写真集 BLOOMING」など3冊の写真集を出し、DVDをリリースするなどアイドルレスラーとして活躍した。さて、今どうしているのか。

「ようこそ、山口に。東京からじゃ遠かったでしょ?」

 山陽新幹線新山口駅の改札を出ると、笑顔の大向さんがいた。スラリとした長身。身長170センチの記者より高い。「171センチの美人レスラー」は“公称”じゃなかった。

 駅前のロータリーに愛車の黒の「JUKE」が駐車してあり、中には5歳の長女と4歳の長男が。はにかみながらペコリとお辞儀するしぐさがかわいい。

「08年3月に都内から引っ越してきました。前の年の12月9日の結婚式後、山口に来るのは決まってたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る