女優・毬谷友子が語る「考え方の違う人とも正面から堂々と」

公開日: 更新日:

「日刊ゲンダイは大好き。私のツイッターでゲンダイさんの政権批判記事などを毎日のようにリツイートしてます。7000人以上もフォロワーがいると、中にはネトウヨみたいな人もいるので、ネチネチ絡まれることも多いけど、なるべくブロックしないで、理解してもらおうと努力してます。“死ね”とか“クソババア”呼ばわりされるとカチンと来ますけど(笑い)」

 21日から豊島公会堂で始まる流山児☆事務所公演「ミュージカル 青ひげ公の城」(作=寺山修司、演出=流山児祥、音楽=宇崎竜童)で第5の妻を演じる毬谷友子。芸能界で原発や反戦の話はタブー視されるが、いたって意気軒高。「フェイスブックみたいに、仲間同士で楽しくやるより、ツイッターで不特定多数を相手にして、考え方の違う人たちとも正面から堂々と渡り合いたいんです」と、宝塚出身らしく実に「男前」だ。

「死ぬまでにやりたい役があって、一人は『欲望という名の電車』のブランチ。もう一人はジャンヌ・ダルク。特に、私は生まれ変わりじゃないかと思うくらいジャンヌが好き。今回は演じることでしか実人生を生きられない女優の役なんですが、37年前の作品なのに、まるで寺山さんが自分に当てて書いたようにブランチとジャンヌのセリフがあるんです。毎日が至福の時間です!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る