バイオリニスト川井郁子の「空しい日々」を一変させた宮川泰

公開日:  更新日:

 どの道であれ、究めようとすれば、壁にぶち当たる。バイオリニストの川井郁子さん(46)は英デビューから帰国直後の18年前、「自分が本当にすべきことがわからず、悩んだ」という。その時、出会ったのが作曲家で和製ポップスの第一人者、宮川泰さん(故人)である。

 NHKのメーク室で鏡に向かっていたところ、「このアレンジはあいつだろ、難しいな!」などと大声で、怒鳴るような宮川先生の声が響いてきたのを、つい昨日のように覚えています。私は慣れないテレビ出演の緊張がさらに高まり、ドキドキしながら収録に向かいました。

 先生が音楽監督をされていたNHKの「ときめき夢サウンド」という番組。バッハの「トッカータとフーガ」をロック調にアレンジしたものを弾かせていただいたんです。「宇宙戦艦ヤマト」の交響曲とか難しいお顔で指揮されていたので、とても厳しい方なのだろうなあと思いつつ、弓を取り、演奏し終えたときでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る