バイオリニスト川井郁子の「空しい日々」を一変させた宮川泰

公開日:  更新日:

 どの道であれ、究めようとすれば、壁にぶち当たる。バイオリニストの川井郁子さん(46)は英デビューから帰国直後の18年前、「自分が本当にすべきことがわからず、悩んだ」という。その時、出会ったのが作曲家で和製ポップスの第一人者、宮川泰さん(故人)である。

 NHKのメーク室で鏡に向かっていたところ、「このアレンジはあいつだろ、難しいな!」などと大声で、怒鳴るような宮川先生の声が響いてきたのを、つい昨日のように覚えています。私は慣れないテレビ出演の緊張がさらに高まり、ドキドキしながら収録に向かいました。

 先生が音楽監督をされていたNHKの「ときめき夢サウンド」という番組。バッハの「トッカータとフーガ」をロック調にアレンジしたものを弾かせていただいたんです。「宇宙戦艦ヤマト」の交響曲とか難しいお顔で指揮されていたので、とても厳しい方なのだろうなあと思いつつ、弓を取り、演奏し終えたときでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  3. 3

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  4. 4

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  7. 7

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  8. 8

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  9. 9

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る