K―1王者ピーター・アーツの人生を変えたブルース・リー

公開日:  更新日:

「20世紀最強の暴君」といわれた元K─1グランプリチャンピオンのピーター・アーツ(44)。おので大木をなぎ倒すような切れ味抜群のハイキックで知られ、「オランダのきこり」の異名を持つ。14歳でキックボクシングを始めたキッカケはブルース・リーだった。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 そりゃ、衝撃的だったよ。ものすごくね。オレの人生を変えた瞬間は間違いなく、ブルース・リーの映画を見た時。今から30年以上も前の12歳になるかならないかぐらいの時かな。「燃えよドラゴン」と「ドラゴンへの道」だった。
 身長が171センチしかないチビのブルース・リーが、2メートル近い見上げるばかりの大男を、立ち上がれないくらいにボッコボコにするってのがカッコよくてさ。おまけにキックもパンチも見えないくらい速い。思わず身を乗り出したもんさ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る