K―1王者ピーター・アーツの人生を変えたブルース・リー

公開日:  更新日:

「20世紀最強の暴君」といわれた元K─1グランプリチャンピオンのピーター・アーツ(44)。おので大木をなぎ倒すような切れ味抜群のハイキックで知られ、「オランダのきこり」の異名を持つ。14歳でキックボクシングを始めたキッカケはブルース・リーだった。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 そりゃ、衝撃的だったよ。ものすごくね。オレの人生を変えた瞬間は間違いなく、ブルース・リーの映画を見た時。今から30年以上も前の12歳になるかならないかぐらいの時かな。「燃えよドラゴン」と「ドラゴンへの道」だった。
 身長が171センチしかないチビのブルース・リーが、2メートル近い見上げるばかりの大男を、立ち上がれないくらいにボッコボコにするってのがカッコよくてさ。おまけにキックもパンチも見えないくらい速い。思わず身を乗り出したもんさ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る