歌手・加藤登紀子が振り返る 宮崎駿監督と「紅の豚」秘話

公開日: 更新日:

 来年、歌手デビュー50周年を迎える歌手の加藤登紀子さん(70)。長い経歴の中で、今の子供にも広く知られるようになったきっかけは主題歌とエンディング曲、そしてマドンナ役の声優を務めた宮崎駿アニメ「紅の豚」。名作の誉れ高い本作で、宮崎監督(73)から得たものとは……。

■「紅の豚」が音楽の原点を見直すきっかけに

 早いもので、「紅の豚」の公開からもう22年になるんですね。

 あの作品で宮崎監督と初めてお仕事させていただいたのですが、思い出がたくさんあり過ぎて、どれから話したらいいのか迷うほどです。

 ただ、主題歌の「さくらんぼの実る頃」、エンディング曲の「時には昔の話を」を歌ったことが、私の音楽の原点であるシャンソンを改めて見直す、いい機会になりました。そして、安心して身をゆだねられる場所はどこかを教えてもらったのではないかと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る