伝説プロデューサー康芳夫氏 メルマガで著名人をバッサリ

公開日:  更新日:

「小生深く期することあって、ここ暫くの間メディア関係に対し沈黙を守ってきたが、国内外を巡る世紀末的状況を深く洞察し、沈黙をやぶる決心をした」――。

 こんな不敵な「創刊の辞」で始まるメールマガジンが話題になっている。発行人はプロデューサーの康芳夫氏(77)。これまでオリバー君、モハメド・アリ対アントニオ猪木、国際ネッシー探検隊(石原慎太郎総隊長)など世間をあっと驚かすイベントの仕掛け人として知られる康氏が、このたび公式サイトを立ち上げネット業界に参入した。

 11月に創刊され、12日に第3号が配信されるメルマガ「全地球を睥睨するスフィンクス『康芳夫』メールマガジン そして『家畜人ヤプー』通信」では、康氏が関わった昭和の裏面史はもちろんのこと、人生相談や社会時評、康氏が「全権代理人」を務め、三島由紀夫によって「戦後最大の奇書」といわれた小説「家畜人ヤプー」の秘話など、一般読者だけでなく、研究者にとっても見逃せない充実した内容になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る