伝説プロデューサー康芳夫氏 メルマガで著名人をバッサリ

公開日: 更新日:

「小生深く期することあって、ここ暫くの間メディア関係に対し沈黙を守ってきたが、国内外を巡る世紀末的状況を深く洞察し、沈黙をやぶる決心をした」――。

 こんな不敵な「創刊の辞」で始まるメールマガジンが話題になっている。発行人はプロデューサーの康芳夫氏(77)。これまでオリバー君、モハメド・アリ対アントニオ猪木、国際ネッシー探検隊(石原慎太郎総隊長)など世間をあっと驚かすイベントの仕掛け人として知られる康氏が、このたび公式サイトを立ち上げネット業界に参入した。

 11月に創刊され、12日に第3号が配信されるメルマガ「全地球を睥睨するスフィンクス『康芳夫』メールマガジン そして『家畜人ヤプー』通信」では、康氏が関わった昭和の裏面史はもちろんのこと、人生相談や社会時評、康氏が「全権代理人」を務め、三島由紀夫によって「戦後最大の奇書」といわれた小説「家畜人ヤプー」の秘話など、一般読者だけでなく、研究者にとっても見逃せない充実した内容になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  8. 8

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  9. 9

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  10. 10

    スカウト部長は佐々木絶賛も…巨人ドラ1逡巡に原監督の影

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る