岡崎友紀さんがまざまざ見せられた故森繁久弥氏の“プロ魂”

公開日: 更新日:

 岡崎友紀さん(61)にとって斯界の大御所は「芸能界の大先輩」というより、「親戚のおじさん」みたいな存在だった。それもそのはず。森繁御大は、岡崎がまだ芸能界に入る前から、岡崎の母親の知人だったという。

 森繁がまだ本格的に俳優活動を始める前、NHKのアナウンサーとして満州放送局に勤務していたのは有名な話だが、岡崎の母も当時、同局に勤務していた同僚だった。

「私が小さい頃には、母に連れられて千歳船橋の豪邸にお邪魔したこともあったし、森繁さんが森繁劇団を旗揚げされた時には、同じく母に連れられて明治座の楽屋をお訪ねしたのを覚えています」

 とはいえ、岡崎の母は「我が子の将来のためにコネクションをつくっておこう」と考えていたわけではない。ただの同窓会感覚。むしろ、森繁に相談もなく、娘(岡崎)に芸能活動をさせたことで、激怒されたこともあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る