反発する大物辞退も…波紋広がる「松田聖子紅白大トリ情報」

公開日:  更新日:

「NHK紅白歌合戦」まで10日余り。いよいよ本番を待つばかりかと思ったらさにあらず。舞台裏では大物たちがバチバチと火花を散らしているようだ。

 火種は25日ごろに発表される香盤表といわれる歌唱順で、発端はメディアが報じている松田聖子(52)の大トリ情報。

「発表まで間があるのにいきなり『大トリには紅組の松田聖子に内定』と書いてしまった。トリではなく大トリ。関係者はみんな裏取りに大騒ぎになった」(事情通)

 この一報を受け、反発したのが大物歌手の面々だろう。出場回数で上回るのに頭を越されたらカチンとくる。

「大御所の和田アキ子(64)は黙っていないはず。今年は聖子はこれといったヒットがない。それなら和田でもいいわけだし、もし今回大トリをやれるなら、昨年紅白を卒業した北島三郎(78)のように、“自分もそろそろ”と考えていたフシもあった。しかし、今のままでは黙って引き下がるわけにはいかないという心境ではないか」(芸能プロ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る