日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

因縁25年…聖子vs明菜の“泥沼バトル”が紅白で再燃か

 大みそかのNHK紅白歌合戦が近づき、芸能マスコミが俄然、色めき立っている。注目の的は、NHKからの出演オファーが明らかになった中森明菜(49)だ。

「体調不良で4年間、世間から姿を消している明菜が出場する確率は8割」「レコ大受賞の『DESIRE―情熱―』『ミ・アモーレ』あたりを披露するんじゃないか」「人前で歌えるほど回復していない。出たとしても収録だろう」などと臆測が飛び交っているが、それだけじゃない。

「大トリでの出場が決まっている松田聖子(52)との因縁バトル再燃です」と女性誌記者が言う。

「ふたりは、まさに犬猿の仲ですからね。今月29日、30日の2日間、NHKホールで恒例のリハーサルがあり、出場歌手はよほどのことがない限り、顔を出すのですが、そこで鉢合わせ、もしくはニアミスとなれば、芸能マスコミはパニックですよ。それでなくても、NHKは明菜出演で聖子がへそを曲げないよう、聖子に大トリのポストを用意して『新たなヒット曲もないのにナゼ』との声があがっている。『あまちゃん』コーナーなどで第2部に平均44・5%(関東地区)もの高視聴率を得た昨年に匹敵する目玉ができ、NHKは万々歳でしょうけど、明菜と聖子に関しては、トラブルになったり、他の出場歌手からクレームが出る恐れもあり、笑ってばかりいられません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事