オペラ歌手が夢の元幕内・大至さん スナックで毎晩美声披露

公開日: 更新日:

 関取の引退後の第二の人生はそのまま親方として相撲界に残るか、チャンコ料理屋を経営する。これが相場だろう。ところが、02年3月に現役を退き、翌年6月に大相撲からも去った元幕内の大至さん(46)は退職会見で「将来の夢はオペラ歌手」と決意表明し、周囲を仰天させた。今どうしているのか。

 会ったのは地下鉄門前仲町駅に近いカラオケスナック「ひびき」。目の前に現れた大至さんを見てビックリ。スキンヘッドの和服姿はどこかお坊さんのようでもある。

「知人に和服にしなさいといわれて着物を着るようになったんですが、道を歩いていると、むこうから和尚さんが来るよ、って話す子供の声が聞こえたり、ご住職は何キロあるんですか、と聞かれることもあります。ボクがかつては相撲取りだったと知る人は、本当に少なくなりました。しかしね、このかっこうで品よく歩く、これがけっこう大変なんです、ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

もっと見る