オペラ歌手が夢の元幕内・大至さん スナックで毎晩美声披露

公開日:  更新日:

 関取の引退後の第二の人生はそのまま親方として相撲界に残るか、チャンコ料理屋を経営する。これが相場だろう。ところが、02年3月に現役を退き、翌年6月に大相撲からも去った元幕内の大至さん(46)は退職会見で「将来の夢はオペラ歌手」と決意表明し、周囲を仰天させた。今どうしているのか。

 会ったのは地下鉄門前仲町駅に近いカラオケスナック「ひびき」。目の前に現れた大至さんを見てビックリ。スキンヘッドの和服姿はどこかお坊さんのようでもある。

「知人に和服にしなさいといわれて着物を着るようになったんですが、道を歩いていると、むこうから和尚さんが来るよ、って話す子供の声が聞こえたり、ご住職は何キロあるんですか、と聞かれることもあります。ボクがかつては相撲取りだったと知る人は、本当に少なくなりました。しかしね、このかっこうで品よく歩く、これがけっこう大変なんです、ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る