オペラ歌手が夢の元幕内・大至さん スナックで毎晩美声披露

公開日: 更新日:

 大至さんはこういってにこやかに笑った。

 それにしても、だ。カラオケスナックで悠然と時を過ごす大至さん、ミョーにしっくりくる。

「ハハハ、相撲界を離れた後、芸能事務所をいくつか転々としました。その間、相撲甚句やポップスのCDを4枚リリース。ライブを月に2、3本こなし、ミュージカルにも出演するマルチ歌手としてやってきた。だけど、自分自身、どうもしっくりこないんですよ。そんな折、東日本大震災が起き、復興支援ボランティアで気仙沼に赴いたところ、ひょんなことから『気仙沼線』という復興支援ソングを歌うことになりましてね。と同時にボランティアで知り合った方と一緒に仕事をやることになったんです」

「それが『ビバビーグル』って空気清浄器を扱ってる会社で、そこがカラオケスナックをオープンすると同時にコンサートやライブの企画、スポーツアスリートのマネジメントも行い、ボクが契約第1号になった次第です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  2. 2

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  3. 3

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  4. 4

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  7. 7

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  10. 10

    令和最初の倒産はどこ 市場が警戒「危ない会社」予備軍

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る