読者への説得力が大事…芸能マスコミ「スクープ報道」の裏側

公開日: 更新日:

 芸能界をひとつの会社とすれば、実に社内恋愛が多い。特に役者の世界は共演から恋愛、結婚にまで発展するケースは数知れずある。年明けに結婚した「杏・東出昌大」「菊地凛子染谷将太」もしかり。歌手と違い役者の世界はドラマなどの撮影で長い期間、同じ時間を過ごす。気心も知れ、誘い誘われ恋に発展するのも道理。

 女性誌がスキャンダルの宝庫だった時代。毎週行われるプラン会議にそうそうプランなどない。苦肉の策で、新聞のラテ番を見て、ドラマ共演者から「○○と○○が熱愛」とプランを出す記者もいた。そのまま記事にすれば、共演だけが根拠。無理がある。「女性誌は知り合いというだけで熱愛と膨らませて書く」と非難されたのも当然だろう。共演はあくまでもきっかけ。恋愛に発展するのは共演後のほうが多く、マークもそこから始まる。交際中を実証する情報を多く集めるかが記事にできる目安。女性誌の上手をいったのが写真誌の出現だった。「お泊まり」現場写真から、最近は「路チュー」まで撮る。写真だけで「熱愛」記事の完成となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る