読者への説得力が大事…芸能マスコミ「スクープ報道」の裏側

公開日:  更新日:

 芸能界をひとつの会社とすれば、実に社内恋愛が多い。特に役者の世界は共演から恋愛、結婚にまで発展するケースは数知れずある。年明けに結婚した「杏・東出昌大」「菊地凛子・染谷将太」もしかり。歌手と違い役者の世界はドラマなどの撮影で長い期間、同じ時間を過ごす。気心も知れ、誘い誘われ恋に発展するのも道理。

 女性誌がスキャンダルの宝庫だった時代。毎週行われるプラン会議にそうそうプランなどない。苦肉の策で、新聞のラテ番を見て、ドラマ共演者から「○○と○○が熱愛」とプランを出す記者もいた。そのまま記事にすれば、共演だけが根拠。無理がある。「女性誌は知り合いというだけで熱愛と膨らませて書く」と非難されたのも当然だろう。共演はあくまでもきっかけ。恋愛に発展するのは共演後のほうが多く、マークもそこから始まる。交際中を実証する情報を多く集めるかが記事にできる目安。女性誌の上手をいったのが写真誌の出現だった。「お泊まり」現場写真から、最近は「路チュー」まで撮る。写真だけで「熱愛」記事の完成となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る