日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「番宣」に利用? 熱愛認めた竹野内豊&倉科カナの“狙い”

 拍子抜けするほどアッサリ交際を認めた。17日発売の写真週刊誌「フライデー」がスクープした竹野内豊(43)と倉科カナ(26)の熱愛。この手の報道では、「ただの友達」と否定する有名人が多い中、竹野内は所属事務所を通じて、「このたび、私ごとでお騒がせして申し訳ありません。倉科さんとは親しくさせていただいております。温かく見守っていただけるとありがたいです」とコメント。倉科の所属事務所も「本人より親しくさせていただいていると聞いています。温かく見守っていただけると幸いです」と対応した。

 竹野内と言えば、女が放っておくはずのないルックスにもかかわらず、どういうわけか浮いた話は数えるほど。それが、共演経験があるとはいえ、17歳年下のFカップ女優と熱愛だから、竹野内ファンからは「結局、若い女がいいのね」といった恨み節も聞こえてくる。

 折も折、竹野内と倉科はともに出演する連ドラの初回が放送されたばかりだ。竹野内はバカリズム(38)が初めて脚本を手掛けて話題の「素敵な選TAXI」(フジテレビ系)に主演。倉科は「ファーストクラス」(フジ系)で主演の沢尻エリカ(28)と対立するデザイナーを演じている。視聴率は竹野内が10・7%、倉科が8・8%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)とふるっていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事