日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

視聴率更新も…「マッサンはつまらない」と評論家2人が苦言

 終盤戦に入っても、数字を伸ばし続けるNHK朝ドラ「マッサン」。先週30日には視聴率23・6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)をマークし、自己最高を更新した。だが、好調な数字とは裏腹になんとな~く面白くないと感じているアナタ。それ、ザッツライト。2人の専門家がその理由を解説する。

■ドラマ評論家・こうたきてつや氏「これほど魅力を感じない主人公も珍しい」

 ニッカウヰスキー創設者の実話を基にした物語。中島みゆきの壮大なテーマソングを選曲したこともあり、当初は人跡未踏の地へ乗り込む「プロジェクトX」のような志向の朝ドラを想像していたが、蓋を開けてみたらそうではなかった。

 個人的には落差を感じながら見始めたが、それを差し引いても、これほど魅力を感じない朝ドラの主人公も珍しい。外国人ヒロイン・エリーは夫の夢の成功を願い、日本人以上に気配りできるつつましい女性として描かれている。それに対し、物語の中心にいるマッサンはどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事